イメージ

学校の勉強があるからでは

塾通いにおいては、学校の授業を利用することも大切になります。これは基本的には学習の進度に合わせて授業の内容を行うことになるために、よりその分野に対しての知識の習得度を向上させることになるのです。 しかし大半の塾においては、学校の進度よりも速いペースで授業を行うことになります。そのため学校の授業においては、復習の形で知識を身につけることになるのです。これにより、自然と授業が復習になるために、さらに定着度を上げることが可能になるのです。 勉強においては、復習がとても大切になります。そのためにはまず最初の段階において、しっかりと理解をすることが必要になるのです。理解を伴わない暗記は、すぐに記憶から消えてしまうことになります。理解が無い場合には、無意味な記号を無理やり覚えている状態になってしまうために、忘れやすい状態を作り出してしまうのです。 塾の場合が理解において優れている点は、教科書ではなく参考書を利用しているからです。これは指定された教科書だけを利用するのではなく、塾の講師が解説を行いやすい物を使用しているために、より知識の理科において容易になりやすい状態を作り出すことができるのです。 また塾の利点においては、講師が教えることに特化している、ということです。教師の場合には、授業のほかにも生徒に対して様々なことを行わなければなりません。そのため授業の内容が優れている、というだけでは業務を行うことが難しくなってしまうのです。 これが塾の講師と教師の違いであり、塾の講師の場合には、生徒のプライベートに対してはそれほど深く関わることはありません。授業の内容にひたすら特化するだけでよいので、教える偽実がとても高いのです。なので新しく学ぶ分野においても、理解をしやすい状態を作り出すことができるのです。 塾を利用することで、先駆け的に知識を取得するために、学校の授業の内容の理解度も向上させることができるのです。


Copyright (C) 塾通いが台無しになってしまうことも All Rights Reserved.